第4回 杉山特別研究室(理研)公開シンポジウム

前臨床試験結果から”Proof of concept”を得るための早期探索臨床試験へのトランスレーション 

- Translation from non-clinical research to exploratory clinical research to confirm proof of concept    

 

日比谷図書文化館日比谷コンベンションホールにて、9月25日午後より参画企業の他、

アカデミアなどからも併せて95名の参加のもと第4回理研公開シンポジウムを開催いたしました。


日時:2014年9月25日(木) 13:40-18:00(13:00開場)

会場:日比谷図書文化館日比谷コンベンションホール

シンポジウム参加費:無料

懇談会参加費:5,500円(税込)

◆事前参加登録:平成26年6月20日(金)~9月24日(水)13:00まで◆

※事前参加登録は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

 


【プログラム】

13:40-13:50 

 

13:50-14:45  

 

 

 

 

 

14:45-15:20 

 

 

 

 

15:20-15:55  

 

 

 

 

15:55-16:15

 

16:15-16:50 

 

  

 

16:50-17:25 

 

  

 

17:25-18:00  

 

18:10-20:00        

 

シンポジウムの目指すもの

杉山雄一(理化学研究所・特別招聘研究員)

 

特別講演:次世代薬物動態・薬力学解析システム開発 

Development of next generation Pharmacokinetics/Pharmacodynamics analyzing system

濱田哲暢(独立行政法 国立がん研究センター 早期・探索臨床研究センター トランスレーショナルリサーチ分野研究所 TR総合支援グループ 臨床薬理部門)

 

薬剤性肝障害のスクリーニング系構築・メカニズム解明に向けた取組

Construction of non-clinical screening tools for Drug-induced liver injury based on its multifactorial mechanisms

伊藤晃成(千葉大学大学院薬学院・教授/理研・客員研究員)

 

トランスポーターと代謝酵素との協奏効果を利用した医薬品の標的化

Drug Targeting based on the cooperative interplay between

transporters and metabolic enzymes

井上勝央(東京薬科大学・教授/理研・客員研究員)

 

Coffee Break

 

前臨床試験に基づいた脳受容体占有率時間推移の予測          

Prediction of time profiles of the receptor occupancy in the brain based on the non-clinical data 

楠原洋之(東京大学大学院薬学系研究科・教授/理研・客員研究員)

 

臨床を予測するためのモデリングの挑戦

Challenges of Modeling Analysis to Predict Human Outcome

樋坂章博(千葉大学大学院薬学院・教授/理研・客員主管研究員)

 

総合討論

 

懇談会