第5回 杉山特別研究室(理研)公開シンポジウム

薬物体内動態研究と他領域の融合
システム薬理学、システム毒性学、オミックス手法によるバイオマーカーの検出    

 

第5回理研公開シンポジウムは、参画企業の他、アカデミアなどから2日間で230名の参加のもと無事終了いたしました。参加者の皆様、ご参画企業各位の皆様、関係各位の皆様のご支援・ご協力に、心より厚く御礼申し上げます。

 

日時:2015年2月9日(月) -10日(火)  

     2月9日13:40- / 2月10日9:40-

 

会場:理化学研究所横浜事業所 交流棟ホール

参加費:シンポジウム 無料、懇談会 3,000円

 

事前参加登録期間:12月10日(水)~2月6日(金)15:00まで

※事前参加登録は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。


 


【プログラム】

2月9日(月)

13:40-シンポジウムの目指すもの 

          杉山雄一(理研・イノベーション推進センター/特別招聘研究員

 

13:50-【特別講演 分子イメージングによる薬物体内動態研究

          渡辺恭良(理研・ライフサイエンス技術基盤センター/センター長)

 

14:40-臨床試験結果から個人間変動を抽出し新規薬剤のバーチャル臨床試験を実施する

          千葉康司(横浜薬科大学教授/理研・客員研究員)

 

15:15-メタボロームによる薬物動態バイオマーカーの探索と薬物間相互作用の定量的解析適用     

          楠原洋之(東京大学大学院薬学系研究科教授/理研・客員研究員)

 

15:50-Break Time

 

16:25-システムバイオロジーによる分子標的薬の毒性予測

          鈴木洋史(東京大学医学部附属病院薬剤部部長/教授

 

17:00-総合討論

 

17:45-懇談会(参加費:3,000/ 理研・横浜事業所内)    

 

2月10日(火)

9:40- 薬物吸収時の小腸の代謝及び輸送の定量的解析

          樋坂章千葉大学大学院薬学院教授/理研・客員主管研究員)

 

10:15-複数の代謝経路を持つ薬物の体内動態変動に関する定量的解析

          伊藤清美(武蔵野大学薬学部教授/理研・客員研究員

 

10:50-薬物動態領域におけるインシリコ解析(仮題

          山下富京都大学大学院薬学院准教授/理研・客員研究員)

 

11:25-情報科学の知を生かした医薬品の体内動態特性の予測

          前田和哉(東京大学大学院薬学系研究科講師/理研・客員主管研究員)

 

12:00-薬物トランスポーター発現のEpigenetics制御解明と応用

          家入一郎(九州大学大学院教授/理研・客員研究員

 

12:35-Lunch Time

 

13:45-炎症性腸肝疾患時に変化する膜輸送体とバイオマーカー探索

          加藤将夫(金沢大学大学院教授/理研・客員主管研究員

 

14:20-電気生理学的手法を用いた起電生薬物輸送担体の基質認識機構の解明

          宮内正二(東邦大学薬学部教授/理研・客員研究員

 

14:55-総合討論

 

15:25-Break Time

 

15:45-杉山研成果報告会及びシンポジウム総論

          杉山雄一 (理研・イノベーション推進センター/特別招聘研究員

 

16:20-閉会のご挨拶