第7回 杉山特別研究室(理研)公開シンポジウム

テーマ:薬物動態の個体間変動、薬物間相互作用の精密な予測に向けた新潮流

 

 

日時:2016年2月16日(火) 13:50-18:00
会場:理化学研究所横浜事業所 交流棟ホール Access
参加費:シンポジウム 無料、意見交換会 3000円
言語:英語

 

 This Symposium is a part of the RIKEN Symposium Series.

 

 

事前参加登録期間:

2015年11月18日(水)15:00~  2016年1月29日(金)

 

盛会に終了致しました。

多くの方々のご参加ありがとうございました。

 

【プログラム】

THE 7th RIKEN SYMPOSIUM_PROGRAM(日英).pdf
PDFファイル 183.4 KB

13:50-14:00

 

はじめに

杉山雄一(理化学研究所 杉山特別研究室)

14:00-14:35

 

 

PBPKモデルにおける重要なパラメター(細胞内への濃縮度、受動輸送と能動輸送の比率、

胆汁排泄と代謝の比率)の算出方法の提案

杉山 雄一(理化学研究所 杉山特別研究室)

14:35-15:05

 

蛋白結合率の高い化合物の肝取り込みクリアランスは“フリー仮説”で説明できるか?

宮内 正二(東邦大学薬学部)

15:05-15:35

PBPKモデルを用いた薬物相互作用機構解析:血小板増多薬Eltrombopagの例

加藤 将夫(金沢大学薬学系)

15:35-15:55

Coffee Break

15:55-16:25

 

Special populationにおける薬物動態の変動予測の現状と課題

前田 和哉(東京大学大学院薬学系研究科)

16:25-16:55

 

CYP3Aを介した薬物相互作用に及ぼすCYP3A5発現の影響とその定量的解析

白坂 善之(東京薬科大学薬学部)

16:55-17:25

 

薬物経口吸収の理論的枠組み

菅野 清彦(東邦大学薬学部)

17:25-18:00

総合討論

18:10-19:40

意見交換会(理研食堂) *参加費3,000

 

【問い合わせ先】

 第7回 杉山特別研究室(理研)公開シンポジウム事務局

   TEL 045-503-9210    FAX  045-503-9190
 Email:info [at] riken-sugiyama.jp ※[at]を@に変えてください。
 受付時間:9:30~17:20(土・日・祝祭日 休み)