モデリング&シミュレーション 第4回公開セミナー

 モデリング&シミュレーション 第4回公開セミナー (杉山雄一主宰 PKPDセミナー) 

 PK/PD解析を支える新しい理論、ツール、解析法の提唱~

 

■ 日時:2015年 7月21日(火) 13:00~17:00

■ 会場:東京大学山上会館 大会議室 Access 

■ 参加費:無料

■ 申込方法:ページ下部の参加フォームよりお申込ください。※7月14日(火)17時まで 

■ 懇親会:参加費3,000円 

  セミナー終了後、本郷キャンパス「山上会館 2F談話ホール」にて懇親会を開催します。

  当日受付にて参加費をお支払いください。

 

プログラム

13001305

 

はじめに

杉山 雄一 (理化学研究所)

13051340

2510

複雑な薬物間相互作用の予測; 拡張クリアランスコンセプトの重要性

杉山 雄一 (理化学研究所)

13401405

1510

 

The prediction of complex drug-drug interactions of repaglinide using PBPK model with in vitro Ki data

Soo-Jin Kim (理化学研究所)

14051440

2510

 

血清アルブミンによる薬物肝取り込み促進機構を説明する新規モデルの提唱-輸送担体における律速過程の考慮の必要性-

宮内 正二 (東邦大学)

14401505

1510

 

クラスターニュートン法を用いたイリノテカンのPBPKモデル構築と副作用関連因子の探索

年本 広太 (理化学研究所)

1505-15:25

休憩

15251555

2010

 

細胞内/細胞外 非結合型薬物濃度比(Kpuu)の推定方法の比較:初速度法、定常状態法(37/低温)の比較

中田 智久(田辺三菱製薬株式会社

15551625

2010

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)およびセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)のPKPD解析 -Virtual clinical studyを目指し-

八幡 昌寛 (大日本住友製薬株式会社)

16251650

1510

 

消化管数理モデルによるFaFgの分離評価に関する理論的考察P-gp/CYP3A機能がFa, Fg に与える影響を解析する~

田中 裕太 (杏林製薬株式会社)

16501700

 

Closing remark

杉山 雄一 (理化学研究所)

171519:30

懇親会(山上会館 2F談話ホール)

 

第4回PKPD公開セミナー(杉山)_Apr 2015.pdf
PDFファイル 241.2 KB
案内状(第4回PKPD公開セミナ-).pdf
PDFファイル 136.1 KB

-

参加申込フォーム

メモ: * は入力必須項目です

お問い合わせ先

モデリング&シミュレーション 公開セミナー事務局

国立研究開発法人理化学研究所
イノベーション推進センター 杉山特別研究室
〒230-0045 横浜市鶴見区末広町 1-7-22
TEL (045) 503-9189   FAX  (045) 503-9190
E-mail:ssatoh[ at ]riken.jp