Rawls-Palmer Progress in Medicine Awardを受賞

2014年3月25日

杉山雄一特別招聘研究員が米国臨床薬理学会Rawls-Palmer Progress in Medicine Awardを受賞

 

杉山雄一特別招聘研究員が、2014年米国臨床薬理学会Rawls-Palmer Progress in Medicine Awardを受賞しました。本賞は、革新的な研究技術および患者のケアを改善するツールを開発した科学者に贈られるもので、アジアでは初の受賞者となります。

 

杉山は、薬理学及び薬学の世界的権威として、薬物動態、薬理遺伝学、トランスポーターに関する研究で世界をリードしてきたことが評価されました。

 

受賞式・受賞講演は2014年3月18日-22日に米国アトランタで開催されたThe ASCPT 2014 Annual Meeting において執り行われました。

 

< 関連リンク >

米国臨床薬理学会(American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics (ASCPT))ホームページ

http://www.ascpt.org/About-ASCPT/Awards/Rawls-Palmer-Award