講演のお知らせ:創薬研究・開発シンポジウム

 2016年5月17日

杉山特別招聘研究員が「創薬研究・開発シンポジウム」にて講演いたします

 

【シンポジウム 概要】

新規薬開発において、開発期間が長期化しており、開発費用においても年々増加していくことが大きな問題となっております。これらの医薬品開発途中でのドロップアウトの理由としては、薬物動態特性、薬効、毒性等が主な要因であり、これらの評価を適切に評価することで、より効果的に新薬開発を進められ、特に治験段階に入ってからのドロップアウトの可能性を小さくすることが期待できます。
 本シンポジウムでは、実験動物を用いた基礎研究からヒト組織を用いた各種アッセイの有用性をご紹介し、幅広い観点から新規薬開発への利用を提案していきます。

 

日時: 2016年6月3日(金)14:00-18:30

   ※ 受付開始:13:30~
   ※ 懇親会: 17:00~18:30 (お食事をご用意しております)

会場: ビジョンセンター東京

参加費:無料

 

詳細および参加申込フォームは以下のサイトにございます。

https://www.reprocell.com/thtrpdd